名古屋帯のご紹介 10/11

こんにちは。

この時期は二十四節気・寒露の初候「鴻雁来(こうがんきたる)」。

ツバメと入れ違いに日本で冬を過ごすため、雁が北からやってくる頃。まだまだ実感はないですが、冬の気配が訪れているのかもしれませんね。

本日はこれから冬にかけて、そしてそれ以上に様々な季節で活躍するおすすめ名古屋帯をご紹介いたします。

人気の高い栗山工房の京紅型「栗山紅型」のお品です。

香色や灰青などの柔らかな色彩の中に鮮やかな藍色の花々が咲いている様子から、揺蕩う花の美しさと強さが感じられます。

*************

◆正絹九寸名古屋帯 栗山紅型 椿詰 ベージュ ¥92,000(税抜)

*************

 

こちらは京都の染匠「工芸染匠 成謙」の帯になっております。こちらの工房のお品は、雑誌やCMなどお目にしたことがある方もいらしゃるのではないでしょうか。

伝統的な文様である香の図を重ねて、スタイリッシュに染め上げたセンスの良いお品です。

また関東巻き・関西巻きで柄の出方が異なります☟

帯締めを前結びする時、帯留めを付ける時などで使い分けるのもいいですね!

*************

◆正絹名古屋帯 成謙謹製 香ノ図重ね 手描友禅 ¥60,000(税抜)

*************

 

グレー地に灰味がかった藤色の花菱文を配した織の帯。

秋~冬~春と幅広い時期お締めいただける柄行、落ちつきあるベーシックなお色味は1本あると重宝するはずです。

*************

◆正絹九寸名古屋帯 薄鼠 菱 ¥46,000(税抜)

*************

「つまみ細工」で作るアクセサリーレッスンお申込み受付中です!!!

今回椿の帯をご紹介させていただきましたが、東京店では根付、又はコサージュクリップとしてお使いいただける白玉椿のアクセサリー講座を開催致します☆

◆「一越ちりめんと羽二重で作る白玉椿のアクセサリー」

11月4日(土)13:00~15:00(約120分)

詳細・お申込みは【こちら】から!

*************

お気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様のご来店お待ちしております。

***************

201209_20_99_e0289199_1039223

メールでのお問合せはこちら☞tokyo@kururi.net