上品な紋紗コーディネート 7/5

こんにちは。

この時期(7/1~7/6頃)は二十四節気・夏至の末候『半夏生(はんげしょうず)』。

半夏(からすびじゃく)が生え、半夏生の名前を持つ草の葉が白く染まる頃になっています。

お出掛けした際は、白く染まった葉を探してみてください🍃

本日は美しいぼかし染めの紋紗を使ったコーディネートをご紹介いたします。

灰青色の地色に藤色の暈しが入っており、桔梗が優美に咲いています。

紋紗なので軽く、透け感があり、花唐草の地紋から品を感じる1着です。

金銀糸の端正な華紋が配置された帯は、その配色からコーディネートを明るくまとめ上げてくれています。

 

帯周りは色味を足し過ぎないことを意識し、上品な装いにぴったりなkikiの帯留は白の花七宝に◎

形も帯の地紋である菱に合わせてみました!

 

是非こちらコーディネートでお出掛けしてみてはいかがでしょうか。

***************

◆正絹小紋 単衣 紋紗 藤 ¥70,000(税抜)

身丈:163.5㎝ 裄:68㎝ 袖丈:49.5㎝

袖幅:34㎝ 前幅:24.3㎝ 後幅:29.5

◆正絹八寸名古屋帯 紋紗 ¥30,000(税抜)

◆正絹帯揚げ 楊柳 絽 無地 ¥9,000(税抜)

◆正絹三分紐 角朝昼夜組耳付 ¥6,000(税抜)

◆帯留ブローチ kiki 花七宝 ホワイト ¥20,000(税抜)

***************

代引き配送も承ってございます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様のご来店お待ちしております。

***************

201209_20_99_e0289199_1039223

メールでのお問合せはこちら☞ tokyo@kururi.net