『始めよう☆着物オーダーメイド・フェア』本日の逸品は『正絹 上品な香色の十二支謂れ江戸小紋』と『正絹 月白の変り格子織り紬』です。

『始めよう☆着物オーダーメイド・フェア』から、お薦めの逸品を毎日ピックアップして届けしております。

本日は『正絹 上品な香色の十二支謂れ江戸小紋』です。

一見、色無地に見えますでしょう。

しかし、グッと地に目を近づけてみますと、細やかな江戸小紋の柄が継ぎ模様のように重なって表されています。

繊細な柄の中には、文字のようなものが染められています。お分かりになりますか?

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥が、上品な香色の地に、細やかな点描で染められております。

そうなんです。たいへん珍しい十二支の謂(いわ)れ江戸小紋なのです。

身分制度が厳格だった江戸時代に、武士の裃と同じ柄を染めることを禁じられていた江戸町人たちの、アイデアで生まれた「いわれ小紋」は、縁起の良い、お目出度い文様が多く、遊び心が溢れています。

シックで品格漂う色合いですので、渋めの色合いの帯を合わせて大人の雰囲気が楽しめ頂けます。

本日はもう一本、ご紹介します。

『正絹 月白の変り格子織り紬』です。

月白(げっぱく)は、月の光を思わせる薄い青みを含んだ白色のこと。

月が東の空に昇る際に空がだんだん明るく白んでいく様子を表す色とされ、「三秋 さんしゅう」の季語にもなっている風情が香る色です。

スッキリとした、小粋な色ですので、地色を生かしたコーディネートがお薦めです。

オフホワイトの塩瀬の刺繍帯を合わせてみました。

「オフ+オフ」の組合せが、とっても上品で素敵ですよね。

帯まわりをニュアンスカラーで構成して、雰囲気を楚々とした印象にするのがお薦めです。

着物って、こういう組合せのことをあれこれ考えるのが楽しいんですよね。

どちらの反物も初めてご自分の着物をお作りになる方にはお薦めの一枚です。

今ならこのお着物が、パターンオーダーなら38,000円+税でお作り頂けます。

マイサイズ仕立てのフルオーダーでも48,000円+税でお仕立て出来ます。

とくに48,000円のフルオーダーは、身長が170センチ以上の長身の方、ふくよかで身幅を広めに仕立てたい方などに、とても喜ばれています。

『始めよう☆着物オーダーメイド・フェア』

開催期間:2017年11月1日(水)〜11月19日(日)
開催店舗:表参道本店
〒107-0061東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル1階
営業時間:11:00-19:00 / 年中無休(年末年始は除く)

本日ご紹介致しました『正絹 上品な香色の十二支謂れ江戸小紋』『正絹 月白の変り格子織り紬』以外にも、たくさんの正絹小紋の反物をご用意いたしております。

ご用意致しました反物は全て正絹の小紋です。


詳細はこちら▽

アンビリーバブルなほどにお得なこの機会を絶対にお見逃しなく。