大丸東京店1月フェア【普段着のキモノ~伊勢木綿展~】 1/11

こんにちは。

街では松飾もとれはじめ、普段通りの生活に戻って参りましたね。

初売りから多くの方にご来店いただき、大丸東京店はうれしい2017年の幕開けを迎えられました。

ここに改めまして、厚くお礼申し上げます。

 

さぁ!

2017年最初の大丸東京店特別企画を1月18日(水)より開催致します!!

【普段着のキモノ~伊勢木綿展~】

blog

江戸時代より全国の人々の衣料として愛された、

人にやさしい布“伊勢木綿”。

 

伊勢木綿はしなやかで柔らか、着心地の良いお着物です。

その着心地の良さは、撚りの弱い糸をゆっくりと織りあげる伝統の工程から生まれています。

cimg3035

今回ご用意させて頂きました伊勢木綿は、“臼井織布”さんで織られた商品となります。

商人の手によって江戸・明治・大正・昭和と栄えておりましたが、いま伊勢木綿を織っていらっしゃるのは臼井織布さんのみとなっております。

cimg3037

伊勢木綿の唯一の織元となる臼井織布さんの所在は、真宗高田派の総本山・専修寺の門前町です。

 

ここで少し、臼井織布さんの工房をご紹介したいと思います。

古い町家の引き戸を開け、ウナギの寝床のような屋内を奥へ進むと、色とりどりの糸がボビンに巻き取られています。

cimg3047

工房の最奥では、明治時代から働く10数台の“豊田式力織機”が、色・縞・格子など様々な伊勢木綿を織りあげています。

機械織りと聞くと現代的なオートメーションと思い起こされるかもしれませんが、臼井織布さんの織機は百数十歳!!

糸の調子や織上がりを常に人が傍らに見守り、しばしば手作業で“くちあき”を調節するなど、織上がりの風合いを決める大切な手仕事となるそうです。

cimg3032

cimg3022

染める際の糸の発色やくちあきの調節などで、同じように織っても二度と同じ柄や色にならないことなど、あまり知られていない事実とのこと。

 

img_1418

今回のフェアでは、女性を若々しく彩る明るい柄から

しっとり落ち着く渋めの柄までご用意させて頂きました◎

尚、お仕立ても特別価格にて承ります。スタッフが丁寧に採寸して、着心地の良いジャストサイズでお誂えさせていただきます。

kakaku48,000円にて、お客様にピッタリな「マイサイズ」の単衣着物にお仕立てさせていただきます。また、反物のみでのお買い上げも可能です。

《ご注意事項》
仕立上り品は4月中旬以降お渡し予定です。/広衿・居敷当て付き仕立てです。
仕立て前に「水通し」加工を行います。/仕立ては海外ミシン縫製となります。
フェア商品のみに対応の価格です。

 

受け継がれてきた技と精神で、伝統的な織に新しい感性を加えた新しくも懐かしい伊勢木綿をご覧に、是非大丸東京店へお越しくださいませ。

 

尚、同時期でこちらも開催!

人と自然が育むテキスタイル~播州織~

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%ab2

自然豊かな兵庫県北播磨で作られた播州織。

とても柔らかな風合いで、お手入れも簡単にできる綿100%のショールを沢山ご用意しております。

お洋服でもご愛用頂ける万能なショールを是非ご覧くださいませ。

また、おすすめ商品を続々とご紹介して参りますのでこちらもあわせてご覧ください。

伊勢木綿展レポート①

伊勢木綿展レポート②

 

フェア期間中の皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

***************

くるり大丸東京店は2016年3月1日より

同フロア内にて場所を新たにリニューアルオープン致しております。
東急ハンズさん前、下りエスカレーターが目印です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

tokyo_call